社説[政治家の矜持とは]沖縄の民意と向き合え (沖縄タイムス) R35

ホーム > スポンサー広告 > 社説[政治家の矜持とは]沖縄の民意と向き合え (沖縄タイムス)ホーム > ヤフコメ > 社説[政治家の矜持とは]沖縄の民意と向き合え (沖縄タイムス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TOP↑

社説[政治家の矜持とは]沖縄の民意と向き合え (沖縄タイムス)

 米軍普天間飛行場の移設をめぐって、地元政治家の対応に注目が集まっている。
 県選出・出身の自民党の国会議員でつくる「かけはしの会」(会長・西銘恒三郎衆院議員)の5人は、今月1日に都内で会合を開いた。
 西銘氏は会合の内容について「名護市長が県に(辺野古沿岸部の埋め立て申請の是非に関して)意見提出する今月29日までに意見を“辺野古やむなし”で一致させるべきではないかと説得したが、今回もまとまらなかった」と説明している。
 なぜ今なのか。
 5人のうち西銘氏と島尻安伊子参院議員は、政府が推進する辺野古移設に理解を示している。国の埋め立て申請に対する仲井真弘多知事の判断が迫る中、「県外」を堅持する衆院3議員や自民県連に党幹部の圧力が強まっている。
 島尻氏は「参院選の敗北や名護市長選で保守が一本化できないのは、かけはしの会が割れていることにも要因はある。党の方針に従わないなら何らかのペナルティーはあるかもしれない」と党の圧力に言及している。
 3議員のうち宮崎政久氏は公約を破棄して方針転換する可能性について「(今は)取材に応じられない」と発言。切り崩しが進んでいる可能性もうかがえる。
 1月の東京行動で41市町村の首長と議長全員が署名した「建白書」は、普天間飛行場の閉鎖・撤去や県内移設断念を求めた。
 「オール沖縄」とは何だったのか。沖縄の民意といま一度、向き合ってもらいたい。
    ■    ■
 西銘氏は6日付のブログでこうつづっている。
 「選挙公約違反と言って、叩(たた)かれている。ボクは、正直に、普天間飛行場の県外移設を求めて、九州を回ったが、可能性はゼロ(に限りなく近い)と分かった」「普天間飛行場は絶対に固定化しないという約束を実現するために、辺野古移設やむなし、と決断した」
 政治家の矜持(きょうじ)とは何か。公約の実現に尽力することではないのか。
 当選早々に「県外」の公約を撤回した西銘氏に、「辺野古やむなし」と言われても、どれだけ真剣に県外移設に取り組んだのか、との疑念はぬぐえない。
 西銘氏はブログで、辺野古移設容認を打ち出したことについて「ボクは正直だ」と強調している。これは開き直りではないか。
 中央の意向を伝え、地元に従わせるのが、地元選出議員の役割ではない。
    ■    ■
 沖縄の声が政治に反映されてこなかった背景には、地元民意が分断されてきた側面も挙げられる。民意の分裂こそが政府の狙いだろう。
 埋め立て申請への判断をめぐって仲井真知事は「承認する、しない、その中間もあるだろう」と発言。スタンスがあいまいに揺らいでいるようにも映る。
 県内では高度な自治を求める声が高まっている。が、地元政治家が中央になびく状況に接すれば、政府や本土への批判も説得力を失う。
 後世に恥辱と負の遺産を押し付けることは許されない。

社説[政治家の矜持とは]沖縄の民意と向き合え
沖縄タイムス 11月8日(金)9時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000001-okinawat-oki



2013年11月8日 11時12分
私説[新聞社の矜持とは]国民の民意と向き合え


2013年11月8日 14時00分
あのさ、まず確認したいんだけど
「沖縄の民意」じゃなくて
「沖縄に移住したりたまに顔出す左翼運動家の声」
でしょ、正確には。
そもそも、辺野古で座り込んでるテント村の人間って
地元の人は一人もいなくて、
岐阜から引っ越してきた女が賃金もらってやってるじゃんか。
あれを「沖縄の声」というのはあまりに無理があるんじゃない?



2013年11月8日 12時57分
沖縄の民意「中国にも文句言えよ」


2013年11月8日 15時34分
沖縄旅行に行った時に、沖縄の人から直接聞いた話です。こちらから訊ねもしないのに話してくれました。

*那覇バスの運転手「公務員のように安定している基地に就職したくて二回受験した。不合格だったのでバス会社に就職した」
*タクシーの運転手「基地は恩恵があり、なくならないでしょうね」
*観光バスのガイド「米軍基地のある沖縄本島は、テロ攻撃にたいして世界最強です」

こういう沖縄県民の声を、沖縄タイムズは完全に無視してるけど、何でかな?



2013年11月8日 15時19分
民意と向き合うとは何なのだろうか。民の声を聞くこと?民の意に従うこと?民衆の視点と施政者の視点が違うことは当然で、民衆の視点が常に正しいとは限らない。施政者の大局的な見地が、将来役立つこともある。そもそも政治に絶対正義はなく、必ず反対と欠点が存在する。民衆の視点を絶対善、絶対正義とし、それに施政者が従うことのみを民意と向き合うこととするなら、政治が衆愚政と成り果てる日はそう遠くない。


2013年11月8日 12時39分
沖縄の民意ってのは「基地をゼロにしろ」てことだろ?
それは無理ですね。
そんなことして沖縄に有事が起こった場合、、全責任が政治家に及んでしまう。
沖縄県民が全責任を負って、九州からの自衛隊や米軍が到着するまで自ら侵略者と戦いますというのであれば話は別だがね。






沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実 (宝島社新書)
沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実 (宝島社新書)宝島社
惠 隆之介
2013-08-31
ランキング : 998

Amazonの商品情報を見る by amapola


関連記事
[ 2013/11/08 16:46 ] ヤフコメ | CM(0) | TOP↑
コメントの投稿







雑誌 ライトノベル タレント写真集



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。